甘口スパークとドイツの希少品種v
4月から会員になった蔵直ワイン倶楽部の『スウィート&フルーティワインコース』の2品を持ち帰って来ました。

初回は去年のクリスマスにその知名度に圧倒された、憧れの「アスティ・スプマンテ」と、ドイツの希少品種「アルビガー・ピータースベルグ・バフースKAB」ですっ♪

●マンフレディ アスティ・スプマンテ
マンフレディ家は、イタリアのワイン銘醸地ピエモンテ州で近年大注目の産地ランゲの丘で、家族経営にてワインを造る農家です。このアスティ・スプマンテは、マスカットの絞りたてジュースのような、フレッシュで甘みと酸味のバランスが良くとれた人気の高いスパークリングワイン。アスティ・スプマンテ協会によってその品質を認められたもののみが名乗ることが出来る名称で、イタリアワインの最高ランク「DOCG」に指定されています。良く冷やして食前酒としても、食後にフルーツにかけたり、フルーツ自体をこの中に入れても楽しめるほんのり甘口スパークリングワイン。

●アルビガー・ピータースベルグ・バフースKAB
ドイツの産地の中でも有名な産地の一つ、ラインヘッセン地区で近年注目の産地がこのアルビガー村。糖度が非常に高い、コクのあるワインが生み出されることで知られるように。そのアルビガー村で、バフースという希少品種から造られているいるのがこのワイン。ドイツが世界に誇る高級品種リースリングと、スッキリとして親しみ易い味わいのシルヴァーナーの後輩品種です。酸味と甘味のバランスが良く、やわらかくもコクのある味わい。

‥なんてインフォメーションシートもツイテいる、月々¥3,150。他に『赤白ワインコース/月々¥3,675』『赤白プレステージコース/月々¥5,250』『こだわり赤ワインコース/月々¥5,250』『厳選チーズコース/月々¥2,300』など。興味ある方は気軽に問い合わせクダサイね♪←営業モードw
[PR]
by suzukirumina | 2009-05-14 22:00 | 派遣・バイト | Comments(0)
<< 寒クナイ? 発売日を‥ >>